フェアトレード

フェアトレード公演会に参加してきました

数年前から気になっている言葉

『フェアトレード』

イギリスでの認知度80%

日本での認知度17%

だそうです。

 

今までの私の認識は、

輸入品の多くは、価格のほとんどが生産者に渡っていなく、公正ではないことが多いのが現実。

フェアトレードとついたものは、途上国での生産者が正当なお給料をもらっている商品である。

だからフェアトレード商品を買うことが、その人々の生活を支えることになる。

というものでした。

 

それもあやふやでちゃんと説明できる知識もなく、ただイイモノという意識だけで、

お店で見る商品にフェアトレードマークがついていると『これはそうなんだ』

と思うくらいでした。

 

周りにもよく知る人はいなくて、ちゃんと知りたいなぁと考えていたところ、

講演会の案内とバッタリ遭遇!(・oノ)ノ

即申し込みました。

  

先週、そのフェアトレードについての講演会に参加してきました。

きっと一回話を聞いただけでは理解できないかもと思い、

講演日までに一冊の本を読んでから参加しました。

 

『おしゃれなエコが地球を救う』

なんて胸キュンタイトル(*´ェ`*)

“女社長のフェアトレード奮闘記”とサブタイトルがまたカッコいいと思い読み始めました。

内容は途上国の生産者の人々の酷い実態から、それを改善するために立ち上がった

イギリス人女性サフィア・ミニーさんの半生とビジネスのノンフィクション。。。

 

行動力や考え方がスゴイ・・・ 

 

普段読書していない私にとって、びっくりするくらいの集中力で読めました(笑)

知らなかった歴史や、モノの裏側がいっぱい書いてあり、何度も寒気がしました。

それだけ私には興味深く、もっともっと知りたい欲にかられる内容でした。

  

そんな気持ちに勢いがついたまま詳しい話が聞けたことは、

自分でも吸収できてるなぁと実感できる時間でした。

  

目の前にある商品と価格だけを見るのではなく、

商品の裏側の姿を知ることの大切さ。。。

  

正直、生活の中では安いもの、便利なものを求めていってしまいますが、、、

そこに疑問をもつことの大切さを知り、

ものを選ぶことで一票を入れていることと同じ。

   

フェアトレードについて自分自身がもっと深く知り、

周りに広めていけるようになりたいと思いました。

   

これからはここでもいろんなフェアトレード商品について紹介していきたいと思います(゚ー゚)

 

 

Photo

ちなみにこれはメイクも落とせる“マジックソープ”

左:ラベンダー    右:ローズ

他にもいろんなシリーズやサイズがあります。

唯一家にあったフェアトレード商品です。

ボディソープとして使用中♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)