« そうもくめばえいずる | トップページ | すごもりのむしとをひらく »

啓蟄(けいちつ)について

雨水からまた季節が移り変わりましたshine

3/5~3/19の約2週間は

啓蟄(けいちつ)

でございます。

啓:開く

蟄:虫の冬ごもり(昆虫だけでなく、ヘビやカエルも含まれる)

・温かい気配を感じて、土の中の虫たちが活動をはじめる。
・雨もよく降るが、ひと雨ごとに温かくなりモモや野の花が咲き始める。
・羽化した蝶の姿も目にするようになる


ということです。
前の雨水(うすい)の季節では、土から春が始まっているということでしたが、
まだまだ寒く、実感がありませんでしたbearing
啓蟄は、しっかり春モードが感じられそうですねtulip


春の季語

【初雷 はつらい】

立春のあとで初めて鳴る雷。
別名、「蟄雷 ちつらい」「虫出しの雷」ともいい、
地中で眠る虫が雷に驚き慌てて飛び出すイメージdelicious

虫は苦手だけど、一生懸命生きている姿だと思って見るとかわいいheart04かも

早いものでもう3月~wobbly
あたたかくなってきて動きやすくなりますねnote
虫たちと同じように冬眠から覚めるつもりで、動き出すぞぞぞ~ぃchickdash

|

« そうもくめばえいずる | トップページ | すごもりのむしとをひらく »

二十四節気」カテゴリの記事

和のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104445/64280972

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄(けいちつ)について:

« そうもくめばえいずる | トップページ | すごもりのむしとをひらく »