« minneハンドメイド大賞2016 | トップページ | つちのしょううるおいおこる »

雨水(うすい)について

立春から季節が移り変わりましたrain

2/19~3/4は
雨水と書いて、読み方は”うすい”

・雪から雨に変わり、氷が解けて水になる
・積もった雪が解け土が潤いはじめる
・雨で潤った土に日がさすことによって水蒸気が起こり霞がたなびく
 *たなびく(ぼやけて見えにくくなること)
・土の色や匂いが懐かしく感じる
・雪間から生えてくる芽に大地の目覚めや生命力を感じる

大地の変化が大きい季節のようですねclover
なかなか市内にいると感じられる機会がないですが、、
自然の中に出かけていきたい気分になりますrun

また、この時期の雨は、
「木の芽起こし」といって植物の芽吹きを助ける大切な雨だそうです。
気分が落ちる雨模様ですが、、
大切な雨の日なんだと思うとにっこりできそうgood

解ける?溶ける?
とけるの感じの使い分け、ムズカシッ
自然現象の場合、氷が”解ける”になるんですってsign03

|

« minneハンドメイド大賞2016 | トップページ | つちのしょううるおいおこる »

二十四節気」カテゴリの記事

和のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104445/64051810

この記事へのトラックバック一覧です: 雨水(うすい)について:

« minneハンドメイド大賞2016 | トップページ | つちのしょううるおいおこる »