« パーカーはん 修正完 | トップページ | てづくりアート&バザール 神戸 »

数寄屋袋

ふくさを入れるポーチ的なものを教えてもらいました
数寄屋袋っていうんですね

30.5cm角の生地を2枚使います

1396760168505.jpg


右上と左下の角を三角形に切り落とします

L字にあたる辺同士を縫い合わせます

1396760157697.jpg

縫い代を割ったところと、折り目にアイロンをかけます


1396826470591.jpg


2枚合わせて重ね、
返し口を残して縫います


1397517206048.jpg
*このとき、リボンを挟みます


返し口からひっくり返します

返し口を縫い閉じ
表側にお気に入りのボタンを付ければ
完成


1397690281937.jpg

ふくさ入れたらこんな感じです


1397690283253.jpg

オレンジが映えますなdiamond


*ウキペデアよりメモ*

「数寄」(数奇)とは和歌や茶の湯、生け花など風流を好むことである

ちなみに「数寄屋」は「好みに任せて作った家」といった意味で茶室を意味する。

そうです。なるほど~

サイズ違いも簡単にできるし、普段使いにもいい!

|

« パーカーはん 修正完 | トップページ | てづくりアート&バザール 神戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104445/55666829

この記事へのトラックバック一覧です: 数寄屋袋:

« パーカーはん 修正完 | トップページ | てづくりアート&バザール 神戸 »